コウノドリ あらすじ 1話

スポンサードリンク
コウノドリ あらすじ 1話

綾野剛 主演 金曜ドラマ「コウノドリ」10月13日(金)は、1話目の放送となります。

産科を舞台にした愛おしい命の物語が、再び動き始めます。

最新のあらすじが、公開されました。

コウノドリ あらすじ 1話は、下記の内容となります。

産科医としてキャリアを重ねてきたサクラ(綾野剛)。

研修医だった下屋(松岡茉優)と白川(坂口健太郎)もそれぞれ産科と新生児科の専門医となり、共に「ペルソナ総合医療センター」で働いている。

ある日、サクラと助産師・小松(吉田羊)は耳の聞こえない妊婦・マナ(志田未来)を担当することに。

一方、サクラの同僚・四宮(星野源)はキャリアウーマンの妊婦・彩加(高橋メアリージュン)を診察。

赤ちゃんに疾患が見つかる。

以上が、コウノドリ あらすじ 1話の紹介でした。

コウノドリの放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

綾野剛さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント