先に生まれただけの僕 あらすじ 1話

スポンサードリンク
先に生まれただけの僕 あらすじ 1話

櫻井翔が4年半ぶりに連続ドラマで主演!

「先に生まれただけの僕」10月14日(土)は1話目の放送となります。

物語は、社会派エンターテインメント!!

最新のあらすじが、公開されました。

先に生まれただけの僕 あらすじ 1話

大手総合商社で働く35歳の鳴海(櫻井翔)は、ある日突然、グループ傘下の私立高校の校長として出向することに。

そこで赤字続きの経営を立て直すことになった鳴海だが、副校長兼事務長の柏木(風間杜夫)は頼りにならず、ちひろ(蒼井優)ら教師にも危機感が全くない。

一方の教師たちも、若い上、教育現場のことを知らない鳴海の赴任に反発する。

そんな中、鳴海は始業式で型破りのあいさつをし、生徒たちの心をつかむが・・・。

以上が、先に生まれただけの僕 あらすじ 1話の紹介でした。

先に生まれただけの僕の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

櫻井翔さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント