コウノドリ あらすじ 2話

スポンサードリンク
コウノドリ あらすじ 2話

綾野剛 主演 金曜ドラマ「コウノドリ」10月20日(金)は、2話目の放送となります。

産科を舞台にした愛おしい命の物語が、再び動き始めます。

最新のあらすじが、公開されました。

コウノドリ あらすじ 2話は、下記の内容となります。

サクラ(綾野剛)の担当する妊婦・佐和子(土村芳)が子宮頸(けい)がんを患っていると判明。

がんは思った以上に進行しており、検査のための切除では完全には取り除けなかった。

佐和子の治療を最優先にする場合、子どもを諦めて子宮を全摘出する必要がある。

佐和子と夫・慎吾(福士誠治)はつらい選択を前に、心が揺れる。

一方、四宮(星野源)は出産を終えてすぐ仕事に復帰したがる彩加(高橋メアリージュン)を心配する。

以上が、コウノドリ あらすじ 2話の紹介でした。

コウノドリの放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

綾野剛さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント