科捜研の女 あらすじ 2話

スポンサードリンク
科捜研の女 あらすじ 2話

人気ミステリードラマが第17シーズンに突入!!

「科捜研の女」10月26日(木)は、2話目の放送となります。

物語は、沢口靖子のコスプレ姿もパワーアップ!?

最新のあらすじが、公開されました。

科捜研の女 あらすじ 2話は、下記の内容となります。

マリコ(沢口靖子)はインテリアコーディネーターの浪子(月船さらら)が殺された現場でガラス玉の半球を見つける。

凶器の置き時計は湊川(窪塚俊介)が社長を務めるホテルのリニューアルオープン記念で配布予定の品だった。

マリコはホテルの壁に飾られた刺しゅう絵の竜の目に、現場で見つけたのと同じガラス玉が使われていると気付く。

絵が刺しゅう作家の喜久恵(山口美也子)の作だと聞いたマリコは、彼女に会いに行く。

以上が、科捜研の女 あらすじ 2話の紹介でした。

「科捜研の女」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

沢口靖子さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント