この声をきみに あらすじ 6話

スポンサードリンク
この声をきみに あらすじ 6話

竹野内豊が偏屈でさえない大学准教授に。

「この声をきみに」10月27日(金)は、6話目の放送となります。

物語は、朗読教室を舞台に描くヒューマンコメディー!!

最新のあらすじが、公開されました。

この声をきみに あらすじ 6話は、下記の内容となります。

孝(竹野内豊)と一晩、一緒に過ごした京子(麻生久美子)。

しかし、彼女は何事もなかったかのように朗読教室にやって来る。

そうした京子の複雑な心理を孝は解き明かそうとするが、なかなか答えが出せない。

そして、彼女の魅力にますます取りつかれていく。

一方、実鈴(大原櫻子)は、同じ生徒の雄一(戸塚祥太)のことが気になっていた。

その雄一はある日、一緒に朗読をしませんかと孝を誘う。そして彼は思わぬことを告白する。

以上が、この声をきみに あらすじ 6話の紹介でした。

この声をきみにの放送は、NHK総合にて 毎週金曜 22:00~22:50 です。

竹野内豊さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント