コウノドリ あらすじ 3話

スポンサードリンク
コウノドリ あらすじ 3話

綾野剛 主演 金曜ドラマ「コウノドリ」10月27日(金)は、3話目の放送となります。

産科を舞台にした愛おしい命の物語が、再び動き始めます。

最新のあらすじが、公開されました。

コウノドリ あらすじ 3話は、下記の内容となります。

サクラ(綾野剛)は心臓病を患う妊婦・麗子を担当する。

麗子は非常に素直な性格で、迷信に右往左往したり、周囲のアドバイスで過剰な行動に出たりするなど次々に騒動を起こし、サクラをあぜんとさせる。

一方、子育てと仕事の両立に悩む彩加(高橋メアリージュン)が「産後うつ」になっている可能性が浮上。

四宮(星野源)や小松(吉田羊)たちが対策を考える中、サクラはかつて担当したある妊婦のことを思い出す。

以上が、コウノドリ あらすじ 3話の紹介でした。

コウノドリの放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

綾野剛さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント