先に生まれただけの僕 あらすじ 2話

スポンサードリンク
先に生まれただけの僕 あらすじ 2話

櫻井翔が4年半ぶりに連続ドラマで主演!

「先に生まれただけの僕」10月21日(土)は2話目の放送となります。

物語は、社会派エンターテインメント!!

最新のあらすじが、公開されました。

先に生まれただけの僕 あらすじ 2話

鳴海(櫻井翔)が奨学金の現実を諭した2年3組の龍之介(佐久間悠)が学校を休んだ。

本社専務・加賀谷(高嶋政伸)から不祥事は自己責任と脅されていた鳴海は、龍之介が不登校になったらと心配し、ちひろ(蒼井優)に相談。

だが逆に本社の評価を気にしていると見抜かれてしまう。

一方、養護教諭の沙織(井川遥)から2年1組の小山(立石ケン)が毎日腹痛で保健室に来ると聞いた鳴海は、担任の及川(木下ほうか)に対応するよう促す。

以上が、先に生まれただけの僕 あらすじ 2話の紹介でした。

先に生まれただけの僕の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

櫻井翔さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント