先に生まれただけの僕 あらすじ 3話

スポンサードリンク
先に生まれただけの僕 あらすじ 3話

櫻井翔が4年半ぶりに連続ドラマで主演!

「先に生まれただけの僕」10月28日(土)は3話目の放送となります。

物語は、社会派エンターテインメント!!

最新のあらすじが、公開されました。

先に生まれただけの僕 あらすじ 3話

教員免許を持つ鳴海(櫻井翔)が、辞めた教師の代わりに数学の授業を担当することに。

授業が教育実習以来と聞いたちひろ(蒼井優)らは絶対無理だとあきれる。

そんな中、生徒が売り物の雑誌の中身を撮影する「デジタル万引」をしたという連絡がコンビニから学校に届く。

鳴海と柏木(風間杜夫)が防犯カメラの映像を確認すると犯人は2年3組の陸(平田敬士)で、担任のちひろと対応することに。

そして翌日、鳴海は初授業に挑む。

以上が、先に生まれただけの僕 あらすじ 3話の紹介でした。

先に生まれただけの僕の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

櫻井翔さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント