陸王 あらすじ 2話

スポンサードリンク
陸王 あらすじ 2話

役所広司主演で池井戸潤の最新作をドラマ化!

日曜劇場 「陸王」 10月29日(日)は、2話目の放送となります。

物語は、老舗足袋業者の企業再生ストーリー!!

最新のあらすじが、公開されました。

陸王 あらすじ 2話は、下記の内容となります。

宮沢(役所広司)たちは新たなランニングシューズを「陸王」と名付け、開発に着手。

シューズに使う新しいソールの素材候補から、繭を特殊加工した新素材「シルクレイ」に目を付ける。

だが開発会社は既に倒産し、特許を持つ元社長・飯山(寺尾聰)も行方知れずになっていた。

そんな中、宮沢は坂本(風間俊介)の協力で飯山の居場所を発見。

飯山との交渉に臨むが、年間5千万円という高額の特許使用料を要求されてしまう。

以上が、陸王 あらすじ 2話の紹介でした。

日曜劇場 「陸王」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

役所広司さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント