科捜研の女 あらすじ 3話

スポンサードリンク
科捜研の女 あらすじ 3話

人気ミステリードラマが第17シーズンに突入!!

「科捜研の女」11月2日(木)は、3話目の放送となります。

物語は、沢口靖子のコスプレ姿もパワーアップ!?

最新のあらすじが、公開されました。

科捜研の女 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

マリコ(沢口靖子)らは、企業の名誉顧問・節子(草村礼子)が絞殺体で見つかった現場に出動。

解剖の結果、節子は病に侵され、余命わずかだったと分かる。

そんな中、浜松に住む中学生のブログに節子の部屋に飾ってあったものに似た千代紙の折り鶴の写真がアップされる。

風船に結ばれて飛んできたというその折り鶴を開くと「ごめんなさい。あなたの命を奪ったのは私です」と犯行声明のような言葉が記されていたという。

以上が、科捜研の女 あらすじ 3話の紹介でした。

「科捜研の女」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

沢口靖子さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント