コウノドリ あらすじ 4話

スポンサードリンク
コウノドリ あらすじ 4話

綾野剛 主演 金曜ドラマ「コウノドリ」11月3日(金)は、4話目の放送となります。

産科を舞台にした愛おしい命の物語が、再び動き始めます。

最新のあらすじが、公開されました。

コウノドリ あらすじ 4話は、下記の内容となります。

研修医・吾郎(宮沢氷魚)が報告を怠ったことで妊婦の体が危険にさらされた。

サクラ(綾野剛)たちがすぐに対応したため、大事には至らなかったものの、四宮(星野源)は吾郎を「使えない」と切って捨てる。

そんな折、サクラは「トーラック」を希望する妊婦・蓮(安めぐみ)を担当する。

トーラックとは、帝王切開の次の出産で自然分娩をすること。

「リスクを伴う出産になる」とサクラは念を押すが、蓮は譲ろうとしない。

以上が、コウノドリ あらすじ 4話の紹介でした。

コウノドリの放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

綾野剛さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント