おんな城主 直虎 あらすじ 44話

スポンサードリンク
おんな城主 直虎 あらすじ 44話

柴咲コウさん 主演 NHK 大河ドラマ「おんな城主 直虎」

11月5日(日)は、44話目の放送となります。

物語は、戦国の世を生き抜いた“おんな城主”の数奇な運命を描く!!

最新のあらすじが公開されました。

おんな城主 直虎 あらすじ 44話の紹介です。

浜松城では、家康(阿部サダヲ)の臨席の下、万千代(菅田将暉)と万福(井之脇海)の「甲冑(かっちゅう)着初め式」が執り行われていた。

一方、井伊谷では祐椿尼(財前直見)に病の影が忍び寄る。

母の身を案じる直虎(柴咲コウ)は周りに声を掛け、病床の祐椿尼が寂しくないよう会いに来てほしいと願い出る。

家康の小姓として田中城攻めに同行することになった万千代は、家康の寝所の近くで異変を察知する。

以上が、おんな城主 直虎 あらすじ 44話の紹介でした。

「おんな城主 直虎」の放送は、NHK総合にて、毎週日曜 20:00~20:45 です。

柴咲コウさん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント