陸王 あらすじ 3話

スポンサードリンク
陸王 あらすじ 3話

役所広司主演で池井戸潤の最新作をドラマ化!

日曜劇場 「陸王」 11月5日(日)は、3話目の放送となります。

物語は、老舗足袋業者の企業再生ストーリー!!

最新のあらすじが、公開されました。

陸王 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

飯山(寺尾聰)が「陸王」の開発チームに加わり、宮沢(役所広司)たちは本格的なソール作りを開始。

飯山の開発アシスタントを大地(山崎賢人)が担当することになる。

一方、けがに苦しむ実業団「ダイワ食品陸上部」の茂木(竹内涼真)は、陸王のサンプルを履いて練習を行い、わずかに手応えを感じていた。

ところが、シューズを提供する米国メーカー「アトランティス」の日本支社営業部長・小原(ピエール瀧)は、茂木に不快感を示す。

以上が、陸王 あらすじ 3話の紹介でした。

日曜劇場 「陸王」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

役所広司さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント