科捜研の女 あらすじ 4話

スポンサードリンク
科捜研の女 あらすじ 4話

人気ミステリードラマが第17シーズンに突入!!

「科捜研の女」11月9日(木)は、4話目の放送となります。

物語は、沢口靖子のコスプレ姿もパワーアップ!?

最新のあらすじが、公開されました。

科捜研の女 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

作曲家・海東(長谷川初範)の妻・莉華子(佐藤乃莉)が自宅で変死。

遺体はフィットネスバイクにまたがったままだった。

マリコ(沢口靖子)は状況から一酸化炭素中毒を疑う。

やがて、血液検査で莉華子の小麦アレルギーが分かる。

マリコは、ケーキを食べた後のバイクによる運動が引き金となり莉華子が意識障害を起こしたと推測。

その後、室内の炭のオブジェに火をつけられて殺されたとにらむ。マリコらは海東から話を聞く。

以上が、科捜研の女 あらすじ 4話の紹介でした。

「科捜研の女」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

沢口靖子さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント