刑事ゆがみ あらすじ 5話

スポンサードリンク
刑事ゆがみ あらすじ 5話

浅野忠信と神木隆之介が初共演

「刑事ゆがみ」11月9日(木)は、5話目の放送となります。

物語は、1話完結の刑事ドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

刑事ゆがみ あらすじ 5話は、下記の内容となります。

少女誘拐事件が発生。

少女の母は前市長の娘、父は婿養子の市議で、管轄の花道署から弓神(浅野忠信)に協力要請が入る。

誘拐現場にかつて弓神が担当した殺人事件「ロイコ事件」に関係するカタツムリのマークが残されていたのだ。

弓神はある理由から、羽生(神木隆之介)に偽の情報を与え、自身の協力者であるヒズミ(山本美月)を見張らせる。

そんな中、犯人は市議夫婦に身代金運搬を指示。

一方、市議と秘書との不倫関係が浮上する。

以上が、刑事ゆがみ あらすじ 5話の紹介でした。

刑事ゆがみの放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

浅野忠信さんと神木隆之介さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント