コウノドリ あらすじ 5話

スポンサードリンク
コウノドリ あらすじ 5話

綾野剛 主演 金曜ドラマ「コウノドリ」11月10日(金)は、5話目の放送となります。

産科を舞台にした愛おしい命の物語が、再び動き始めます。

最新のあらすじが、公開されました。

コウノドリ あらすじ 5話は、下記の内容となります。

サクラ(綾野剛)は妊婦・瑞希を診察。

早産になりやすい状態のため、すぐに入院してもらうことになる。

不安を隠せない瑞希だが、先に入院していた同室の妊婦・ひかるが話し掛けてきて、2人は仲良くなる。

一方、下屋(松岡茉優)が緊急の帝王切開を担当して生まれた赤ん坊の両親が病院を訪れる。

赤ん坊は超低出生体重児で、手術が必要な状態だ。

だが、両親は出産時の病院側の対応に不満があり、手術に同意しないと言う。

以上が、コウノドリ あらすじ 5話の紹介でした。

コウノドリの放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

綾野剛さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント