さくらの親子丼 あらすじ 6話

スポンサードリンク
さくらの親子丼 あらすじ 6話

真矢ミキが空腹と心を満たす古本屋店主に。

「さくらの親子丼」11月11日(土)は、6話目の放送となります。

物語は、感情ゆさぶる社会派ヒューマンドラマ!!

最新のあらすじが、公開されました。

さくらの親子丼 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

さくら(真矢ミキ)は自分との因縁を知ったあざみ(吉本実憂)への接し方が分からず、避けるように。

そんな時、実家へ戻った恭子(本仮屋ユイカ)がさくらの態度を「母さんらしくない」といさめる。

一方、あざみは俊太(塚田僚一)が働く精肉店でのアルバイトを始める。

ある日、さくらの店に日頃出入りする剛志(柾木玲弥)がスーツ姿で現れた。

剛志がこれからすることを察したさくらは、「あんたに食べさせる親子丼はない」と突き放す。

以上が、さくらの親子丼 あらすじ 6話の紹介でした。

さくらの親子丼の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

真矢ミキさん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント