陸王 あらすじ 4話

スポンサードリンク
陸王 あらすじ 4話

役所広司主演で池井戸潤の最新作をドラマ化!

日曜劇場 「陸王」 11月12日(日)は、4話目の放送となります。

物語は、老舗足袋業者の企業再生ストーリー!!

最新のあらすじが、公開されました。

陸王 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

飯山(寺尾聰)や大地(山崎賢人)の努力が実を結び、ランニングシューズのソールに使う新素材が完成。

次の作業は、最も重要なソールの試作品開発だ。

宮沢(役所広司)は茂木(竹内涼真)の足型を取ろうとするが、チームから許可が降りず、頭を抱える。

一方、茂木も会社から今後の進退について選択を迫られていた。

そんな中、「アトランティス」ではシューフィッター・村野(市川右團次)と、小原(ピエール瀧)の対立が激しさを増す。

以上が、陸王 あらすじ 4話の紹介でした。

日曜劇場 「陸王」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

役所広司さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント