民衆の敵 あらすじ 4話

スポンサードリンク
民衆の敵 あらすじ 4話

篠原涼子が主婦の市議会議員に!?

「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」11月13日(月)は、4話目の放送となります

物語は、女性目線で悪を斬る痛快市政エンターテインメント!!

最新のあらすじが、公開されました。

民衆の敵 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

遼(千葉雄大)の実家は商店街の電器店だったが、量販店の進出により夜逃げをした過去がある。

シャッター商店街の復活を公約にした遼は、閉店状態のとんかつ店の克枝(鷲尾真知子)らから、店は畳んで年金で暮らすと聞かされる。

一方、園田(斎藤司)は「子どもを見てもらえる人がいない」と母親たちから泣きつかれていた。

2人の話を聞いた智子(篠原涼子)は、子どもたちの面倒を克枝たちに見てもらえないとかと提案する。

以上が、民衆の敵 あらすじ 4話の紹介でした。

「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」の放送は、
フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

篠原涼子さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント