ドクターX あらすじ 6話

スポンサードリンク
ドクターX あらすじ 6話

大人気ドラマの第5シリーズ 「ドクターX~外科医・大門未知子~」

11月16日(木)は、6話目の放送となります。

物語は、米倉涼子 演じる天才外科医が医療界に鋭いメスを入れる!

最新のあらすじが、公開されました。

ドクターX あらすじ 6話は、下記の内容となります。

猪又(陣内孝則)の手術で麻酔を担当した博美(内田有紀)は、手術失敗の責任を押し付けられ病院への出入りを禁止される。

ささいなことで未知子(米倉涼子)と博美の関係もぎくしゃくし、未知子は手術で博美とは組まないと宣言。

そんな中、妻・敦子(松金よね子)の見舞いに来た中華料理店店主・良夫(平泉成)の膵臓(すいぞう)に腫瘍が見つかる。

未知子は夫婦共に手術するつもりだが、良夫の手術を猪又に横取りされてしまう。

以上が、ドクターX あらすじ 6話の紹介でした。

ドクターX~外科医・大門未知子~の放送は、
テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

米倉涼子さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント