刑事ゆがみ あらすじ 6話

スポンサードリンク
刑事ゆがみ あらすじ 6話

浅野忠信と神木隆之介が初共演

「刑事ゆがみ」11月16日(木)は、6話目の放送となります。

物語は、1話完結の刑事ドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

刑事ゆがみ あらすじ 6話は、下記の内容となります。

青年実業家・貝取が刺される。

彼は事前に、開業間近のプラネタリウムで準備予定とツイートしており、事件はそこで起きた。

貝取は弓神(浅野忠信)と羽生(神木隆之介)の聴取に、犯人は見ていないと話すが、詐欺まがいの方法で企業買収を繰り返していた貝取を恨む者は多い。

望遠鏡メーカー創業者・星月も会社を乗っ取られ、社長だった息子は自殺していた。

しかし、星月は犯行を否定し、小学生の孫娘も星月のアリバイを主張する。

以上が、刑事ゆがみ あらすじ 6話の紹介でした。

刑事ゆがみの放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

浅野忠信さんと神木隆之介さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント