コウノドリ あらすじ 6話

スポンサードリンク
コウノドリ あらすじ 6話

綾野剛 主演 金曜ドラマ「コウノドリ」11月17日(金)は、6話目の放送となります。

産科を舞台にした愛おしい命の物語が、再び動き始めます。

最新のあらすじが、公開されました。

コウノドリ あらすじ 6話は、下記の内容となります。

一人前になりたいと焦る下屋(松岡茉優)は、ヘルプに入った産婦人科医院で、切迫早産で入院中の妊婦・カエを診察する。

2人は同じ名前ということもあって仲良くなる。

ある日、下屋はカエの様子がおかしいことに気付き、院長に報告。

週明けに検査をすることになったが、程なく、ペルソナ総合医療センターにカエが緊急搬送されてくる。

ペルソナに戻っていた下屋がショックを受ける中、サクラ(綾野剛)らは手術を行うが・・・。

以上が、コウノドリ あらすじ 6話の紹介でした。

コウノドリの放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

綾野剛さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント