さくらの親子丼 あらすじ 7話

スポンサードリンク
さくらの親子丼 あらすじ 7話

真矢ミキが空腹と心を満たす古本屋店主に。

「さくらの親子丼」11月18日(土)は、7話目の放送となります。

物語は、感情ゆさぶる社会派ヒューマンドラマ!!

最新のあらすじが、公開されました。

さくらの親子丼 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

さくら(真矢ミキ)の店に直晃(沖門和玖)という少年が親子丼を食べに来た。

実は直晃は引きこもり状態で、母親の美春(中島ひろ子)に暴力を振るっていた。

手に負えない美春は、強引に直晃を自立支援施設に入れる。

その施設を偶然取材した恭子(本仮屋ユイカ)は、厳しい訓練に耐える直晃を目にする。

数日後、さくらの店に直晃が再びやって来る。

親子丼を食べた後、帰りたがらない様子の直晃だが、さくらはそれに気付かない。

以上が、さくらの親子丼 あらすじ 7話の紹介でした。

さくらの親子丼の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

真矢ミキさん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント