陸王 あらすじ 5話

スポンサードリンク
陸王 あらすじ 5話

役所広司主演で池井戸潤の最新作をドラマ化!

日曜劇場 「陸王」 11月19日(日)は、5話目の放送となります。

物語は、老舗足袋業者の企業再生ストーリー!!

最新のあらすじが、公開されました。

陸王 あらすじ 5話は、下記の内容となります。

宮沢(役所広司)は村野(市川右團次)と協力し、茂木(竹内涼真)のサポート契約を取り付ける。

次にランニングシューズのアッパー素材の改良に取り掛かるが、こはぜ屋の資金繰りが危機的状況に。

そこで宮沢はソール用の「シルクレイ」を本業の足袋作りに生かし、新しい地下足袋の開発も並行して進める計画を立てる。

そんな折、縫製課の古株・冨久子(正司照枝)が過労により倒れてしまう。

さらに、飯山(寺尾聰)が何者かに襲われる。

以上が、陸王 あらすじ 5話の紹介でした。

日曜劇場 「陸王」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

役所広司さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント