コウノドリ あらすじ 7話

スポンサードリンク
コウノドリ あらすじ 7話

綾野剛 主演 金曜ドラマ「コウノドリ」11月24日(金)は、7話目の放送となります。

産科を舞台にした愛おしい命の物語が、再び動き始めます。

最新のあらすじが、公開されました。

コウノドリ あらすじ 7話は、下記の内容となります。

仕事中に突然、小松(吉田羊)が倒れた。

検査の結果、子宮の病気がかなり進行していることが判明。

サクラ(綾野剛)と四宮(星野源)は子宮の全摘出がベストだと判断するが、小松は迷う。

一方、下屋(松岡茉優)は異動先の救命科で何もできない自分を痛感していた。

産婦人科には下屋の代わりに、仕事と子育てを両立させるシングルマザー・倉崎(松本若菜)が。

彼女は優秀だが周囲に頼ろうとせず、サクラたちを心配させる。

以上が、コウノドリ あらすじ 7話の紹介でした。

コウノドリの放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

綾野剛さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント