さくらの親子丼 あらすじ 最終回

スポンサードリンク
さくらの親子丼 あらすじ 最終回

真矢ミキが空腹と心を満たす古本屋店主に。

「さくらの親子丼」11月25日(土)は、最終回の放送となります。

物語は、感情ゆさぶる社会派ヒューマンドラマ!!

最新のあらすじが、公開されました。

さくらの親子丼 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

あざみ(吉本実憂)から育ての親とのつらい思い出を聞いたさくら(真矢ミキ)は、親元へ帰らなくていいと伝える。

そんな中、恭子(本仮屋ユイカ)はインターネットの情報からあざみの実母・花菜子の行方を知る。

さくらと恭子は悩んだ末、あざみに報告。

混乱したものの会って話をしたいと決意したあざみは、恭子に最寄り駅まで付き添われ、花菜子が働くスナックを訪ねる。

以上が、さくらの親子丼 あらすじ 最終回の紹介でした。

さくらの親子丼の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

真矢ミキさん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント