陸王 あらすじ 6話

スポンサードリンク
陸王 あらすじ 6話

役所広司主演で池井戸潤の最新作をドラマ化!

日曜劇場 「陸王」 11月26日(日)は、6話目の放送となります。

物語は、老舗足袋業者の企業再生ストーリー!!

最新のあらすじが、公開されました。

陸王 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

「陸王」を履いた茂木(竹内涼真)が公式レース復帰戦となる「ニューイヤー駅伝」に登場。

応援に駆け付けた宮沢(役所広司)や大地(山崎賢人)らこはぜ屋の面々は感無量だ。

第6区のスタートを切った茂木は力強い走りを披露。

同区間を先に走り出したライバルで、アトランティスの「R2」を履く毛塚(佐野岳)に迫っていく。

一方、小原(ピエール瀧)はこはぜ屋にアッパー素材を提供する織物会社の社長・橘(木村祐一)に接触していて・・・。

以上が、陸王 あらすじ 6話の紹介でした。

日曜劇場 「陸王」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

役所広司さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント