民衆の敵 あらすじ 6話

スポンサードリンク
民衆の敵 あらすじ 6話

篠原涼子が主婦の市議会議員に!?

「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」11月27日(月)は、6話目の放送となります

物語は、女性目線で悪を斬る痛快市政エンターテインメント!!

最新のあらすじが、公開されました。

民衆の敵 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

智子(篠原涼子)が手にした告発文が発端となり、河原田(余貴美子)が辞任し再出馬する「出直し市長選挙」が行われることになった。

智子は犬崎(古田新太)から市長への立候補を打診されるが、その場で断る。

和美(石田ゆり子)は智子からその経緯を聞き、犬崎の意図が読めず困惑する。

そんな中、犬崎派からは前田(大澄賢也)が立候補。

一方、智子は犬崎から福祉部長の富田(渡部いっけい)を紹介され、難航していた案件が一気に実現して・・・。

以上が、民衆の敵 あらすじ 6話の紹介でした。

「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」の放送は、
フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

篠原涼子さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント