科捜研の女 あらすじ 7話

スポンサードリンク
科捜研の女 あらすじ 7話

人気ミステリードラマが第17シーズンに突入!!

「科捜研の女」11月30日(木)は、7話目の放送となります。

物語は、沢口靖子のコスプレ姿もパワーアップ!?

最新のあらすじが、公開されました。

科捜研の女 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

マリコ(沢口靖子)らは変死体が見つかった現場に出動。

現場はかつてマリコの講習を受けた所轄署の警察官・裕子(西原亜希)によって的確に保存されていた。

状況から、転倒して石で頭を打った事故死と思われたが、マリコは被害者・佐藤(北村友希)が息絶える前に動いていたことが気になる。

血液検査の結果、死因が窒息死と分かり、他殺と判明。犯人は首を絞めた痕跡を死斑で隠すため、現場を細工した可能性が浮上する。

以上が、科捜研の女 あらすじ 7話の紹介でした。

「科捜研の女」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

沢口靖子さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント