ドクターX あらすじ 8話

スポンサードリンク
ドクターX あらすじ 8話

大人気ドラマの第5シリーズ 「ドクターX~外科医・大門未知子~」

11月30日(木)は、8話目の放送となります。

物語は、米倉涼子 演じる天才外科医が医療界に鋭いメスを入れる!

最新のあらすじが、公開されました。

ドクターX あらすじ 8話は、下記の内容となります。

厚労大臣による友人への便宜を告発した元大臣秘書官・八雲(林家正蔵)が入院してきた。

一躍正義のヒーローになった八雲だが、他の病院が大臣の顔色をうかがい入院を拒む中、蛭間(西田敏行)が売名に利用するため受け入れたのだ。

「肝外発育型肝細胞がんステージ4A」と診断された八雲の難しい手術を執刀できるのは未知子(米倉涼子)しかいない。

だが、内神田(草刈正雄)の意向を受けた蛭間により、未知子は解雇されてしまう。

以上が、ドクターX あらすじ 8話の紹介でした。

ドクターX~外科医・大門未知子~の放送は、
テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

米倉涼子さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント