コウノドリ あらすじ 8話

スポンサードリンク
コウノドリ あらすじ 8話

綾野剛 主演 金曜ドラマ「コウノドリ」12月1日(金)は、8話目の放送となります。

産科を舞台にした愛おしい命の物語が、再び動き始めます。

最新のあらすじが、公開されました。

コウノドリ あらすじ 8話は、下記の内容となります。

四宮(星野源)はサクラ(綾野剛)に常位胎盤早期剥離の研究のため一度病院を離れるつもりだと告げる。

その矢先、父親が倒れたと連絡を受け、四宮は帰郷。

そんな中、サクラは妊婦・真帆の出産を担当する。

白川(坂口健太郎)の的確な処置を助けになんとか取り上げられたものの、赤ん坊は低酸素状態に陥っていた。

白川は真帆と夫に心配ないと伝えるが、サクラと今橋(大森南朋)は自らを過信する様子の白川に不安を隠せない。

以上が、コウノドリ あらすじ 8話の紹介でした。

コウノドリの放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

綾野剛さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント