先に生まれただけの僕 あらすじ 8話

スポンサードリンク
先に生まれただけの僕 あらすじ 8話

櫻井翔が4年半ぶりに連続ドラマで主演!

「先に生まれただけの僕」12月2日(土)は8話目の放送となります。

物語は、社会派エンターテインメント!!

最新のあらすじが、公開されました。

先に生まれただけの僕 あらすじ 8話

鳴海(櫻井翔)は部活動に専門の指導者を招請。

男子バスケットボール部には実業団の熱川(松田悟志)が雇われ、顧問の河原崎(池田鉄洋)は不満を抱く。

そんな中、特進クラスで成績最下位の達也(伊能佑之介)が3年進級時は普通クラスに落ちることに。

達也の父・和宏(升毅)は対応したちひろ(蒼井優)と柏木(風間杜夫)に学校の責任だと怒りをぶつける。

ところが、達也がプロ棋士を目指し将棋に没頭していることが分かり・・・。

以上が、先に生まれただけの僕 あらすじ 8話の紹介でした。

先に生まれただけの僕の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

櫻井翔さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント