監獄のお姫さま あらすじ 8話

スポンサードリンク
監獄のお姫さま あらすじ 8話

小泉今日子 主演・宮藤官九郎脚本で描く!!

「監獄のお姫さま」12月5日(火)は、8話目の放送となります。

物語は、おばちゃん犯罪エンターテインメント。

最新のあらすじが、公開されました。

監獄のお姫さま あらすじ 8話は、下記の内容となります。

2017年。

晴海(乙葉)から吾郎(伊勢谷友介)の居場所へ連れて行くよう頼まれたふたば(満島ひかり)は、池畑(米村亮太朗)の目を盗み、一緒に車で抜け出す。

道中、ふたばは晴海に、刑務所で見つけた‘復讐ノート’について話す。

2015年。

ノートを見たふたばは、カヨ(小泉今日子)たちが吾郎への復讐を計画していることに気付き、カヨを懲罰房へ連行する。

しのぶ(夏帆)を助けたいと訴えるカヨに、ふたばは厳しい現実を突き付ける。

以上が、監獄のお姫さま あらすじ 8話の紹介でした。

「監獄のお姫さま」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~22:54 です。

小泉今日子さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント