相棒 あらすじ 8話

スポンサードリンク
相棒 あらすじ 8話

水谷豊と反町隆史が挑む運命の3年目!

「相棒 season16」12月6日(水)は、8話目の放送となります。

物語のキーマンが誰になるかにも注目が集まる。

最新のあらすじが、公開されました。

相棒 あらすじ 8話は、下記の内容となります。

住宅街で見慣れない虫を見つけた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は近くの家の中で遺体を発見。

虫は中央アジアに生息する「ジゴクバチ」だった。

無数に刺された痕があるにもかかわらず被害者の豊子(新倉緋沙子)が逃げようとした形跡は見当たらず、右京は殺人の可能性を疑う。

チョウの収集家の豊子は足しげく中央アジアに通っていたようだ。

右京らは現地で豊子を撮影したことがある写真家の藤本(岩井秀人)に会いに行く。

以上が、相棒 あらすじ 8話の紹介でした。

「相棒 season16」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

水谷豊さんと反町隆史さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント