奥様は、取り扱い注意 あらすじ 最終回

スポンサードリンク
奥様は、取り扱い注意 あらすじ 最終回

綾瀬はるかが史上最高にキュートで危険なヒロインに!

「奥様は、取り扱い注意」12月6日(水)は、最終回の放送となります。

物語は、愛と勇気のエールをおくるエンターテインメント!!

最新のあらすじが、公開されました。

奥様は、取り扱い注意 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

小雪(西尾まり)と再び会った菜美(綾瀬はるか)は、帰宅した勇輝(西島秀俊)と向き合う。

勇輝は結婚に至るまでの経緯を明かし、菜美の選択肢は一つしかないと言い切る。

京子(本田翼)は、不倫が原因で良枝(銀粉蝶)に家を追い出された渉(中尾明慶)から連絡がないのが気掛かりだ。

一方、優里(広末涼子)は軽はずみな行動の結果について罪悪感と不安にさいなまれていた。

優里は単身、売春組織のボス・横溝(玉山鉄二)の元へ談判に向かう。

以上が、奥様は、取り扱い注意 あらすじ 最終回の紹介でした。

奥様は、取り扱い注意の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

綾瀬はるかさん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント