ドクターX あらすじ 9話

スポンサードリンク
ドクターX あらすじ 9話

大人気ドラマの第5シリーズ 「ドクターX~外科医・大門未知子~」

12月7日(木)は、9話目の放送となります。

物語は、米倉涼子 演じる天才外科医が医療界に鋭いメスを入れる!

最新のあらすじが、公開されました。

ドクターX あらすじ 9話は、下記の内容となります。

博美(内田有紀)の友人の娘でバレリーナを目指す遥(井本彩花)が、足の痛みを訴え、祖父の節郎(大友康平)と来院。

当初、有痛性外脛骨(けいこつ)と診断されるが、未知子(米倉涼子)の話を聞いた博美の勧めで再検査を受け、舟状骨骨折と分かる。

完治には2回の手術と半年間の治療が必要で、大切な選考会を控える遥はショックを隠せない。

未知子は遥の希望をかなえる手術法を思い付くが、内神田(草刈正雄)から圧力がかかり・・・。

以上が、ドクターX あらすじ 9話の紹介でした。

ドクターX~外科医・大門未知子~の放送は、
テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

米倉涼子さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント