コウノドリ あらすじ 9話

スポンサードリンク
コウノドリ あらすじ 9話

綾野剛 主演 金曜ドラマ「コウノドリ」12月8日(金)は、9話目の放送となります。

産科を舞台にした愛おしい命の物語が、再び動き始めます。

最新のあらすじが、公開されました。

コウノドリ あらすじ 9話は、下記の内容となります。

サクラ(綾野剛)は3回目の流産が判明した妊婦・沙月を診察する。

原因を知りたいと思い詰める沙月は、不育症の検査を希望。サクラや小松(吉田羊)は沙月の苦しみに寄り添おうとする。

下屋(松岡茉優)は、救命科に研修に来た吾郎(宮沢氷魚)と急患の処置に当たるものの、何もできず立ち尽くす。

一方、石川に帰省した四宮(星野源)は、産科医の父・晃志郎(塩見三省)の受け持つ妊婦が早期胎盤剥離を起こしたことを知り・・・。

以上が、コウノドリ あらすじ 9話の紹介でした。

コウノドリの放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

綾野剛さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント