先に生まれただけの僕 あらすじ 9話

スポンサードリンク
先に生まれただけの僕 あらすじ 9話

櫻井翔が4年半ぶりに連続ドラマで主演!

「先に生まれただけの僕」12月9日(土)は9話目の放送となります。

物語は、社会派エンターテインメント!!

最新のあらすじが、公開されました。

先に生まれただけの僕 あらすじ 9話

バスケットボール部コーチ・熱川(松田悟志)が高額な遠征費を勝手に決め、保護者からクレームが入る。

強化のため遠征が必要と言う熱川に賛同するものの、費用の面で悩む鳴海(櫻井翔)。

一方、入試担当の島津(瀬戸康史)は千人を目標に個別相談を行いたいと提案し、皆でアイデアを考える。

だが、ちひろ(蒼井優)は聡子(多部未華子)のことが気になり上の空。

一方、後藤田(平山浩行)に告白された聡子は、鳴海との間に距離を感じる。

以上が、先に生まれただけの僕 あらすじ 9話の紹介でした。

先に生まれただけの僕の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

櫻井翔さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント