陸王 あらすじ 8話

スポンサードリンク
陸王 あらすじ 8話

役所広司 主演で池井戸潤の最新作をドラマ化!

日曜劇場 「陸王」 12月10日(日)は、8話目の放送となります。

物語は、老舗足袋業者の企業再生ストーリー!!

最新のあらすじが、公開されました。

陸王 あらすじ 8話は、下記の内容となります。

投資会社に転職した坂本(風間俊介)が、宮沢(役所広司)にこはぜ屋の売却を提案。

宮沢は「会社を手放すつもりはない」と激怒する。

一方、飯山(寺尾聰)は買収を狙う企業に見当がついたが、事態を静観。

同じ頃、茂木(竹内涼真)は「陸王」がもう手に入らないことや、陸上部が存続の危機にあることを知り、追い詰められていた。

監督・城戸(音尾琢真)の言葉を受け止めた宮沢は、社員を集め、駅伝大会に出場しようと切り出す。

以上が、陸王 あらすじ 8話の紹介でした。

日曜劇場 「陸王」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

役所広司さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント