科捜研の女 あらすじ 8話

スポンサードリンク
科捜研の女 あらすじ 8話

人気ミステリードラマが第17シーズンに突入!!

「科捜研の女」12月14日(木)は、8話目の放送となります。

物語は、沢口靖子のコスプレ姿もパワーアップ!?

最新のあらすじが、公開されました。

科捜研の女 あらすじ 8話は、下記の内容となります。

京都・宇治の山中の川で変死体が見つかる。マリコ(沢口靖子)が遺体を見ると、頭には大きな傷、首にも絞められた痕跡があり、他殺の可能性が高い。

身元は分からず、図形と「ヒラタ」という文字が記されたメモだけを持っていた。

そんな中、同じ山の売店で万引きして捕まった男(夙川アトム)が「ヒラタ」と名乗っていることが分かった。

しかし、土門(内藤剛志)の取り調べを受けたヒラタの話は二転三転して、要領を得ない。

以上が、科捜研の女 あらすじ 8話の紹介でした。

「科捜研の女」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

沢口靖子さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント