刑事ゆがみ あらすじ 最終回

スポンサードリンク
刑事ゆがみ あらすじ 最終回

浅野忠信と神木隆之介が初共演

「刑事ゆがみ」12月14日(木)は、最終回の放送となります。

物語は、1話完結の刑事ドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

刑事ゆがみ あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

弓神(浅野忠信)は、ヒズミ(山本美月)が意識不明のまま収容された病院に現れたのを最後に、羽生(神木隆之介)たちの前から姿を消す。

うきよ署では、ドライブレコーダーの映像などから、資産家の元医師・薮田恒男(渡辺哲)を殺害したのは、死んでいるはずの作家・横島不二実(オダギリジョー)であると断定し、捜査を開始する。

横島は、7年前に自らの小説「ロイコ」になぞられた殺人事件を自演し、河合武(渋川清彦)・伊代(酒井美紀)夫妻を殺害していた。

そのときに生き残ったひとり娘がヒズミだった。

横島は、逮捕される直前に焼身自殺したはずだった。

だが、その死は、弓神によって偽装された可能性が高かった。

以上が、刑事ゆがみ あらすじ 最終回の紹介でした。

刑事ゆがみの放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

浅野忠信さんと神木隆之介さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント