マチ工場のオンナ あらすじ 4話

スポンサードリンク
マチ工場のオンナ あらすじ 4話

内山理名がNHK初主演!

「マチ工場のオンナ」12月15日(金)は、4話目の放送となります。

物語は、専業主婦が町工場の社長になるサバイバルヒューマンドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

マチ工場のオンナ あらすじ 4話は、下記の内容となります。

光(内山理名)は銀行員の長谷川(村上淳)に会社の再建計画を伝え、実現させることを約束する。

だが、頼りとするベテラン職人の勝俣(竹中直人)が退職を申し出る。

説得を試みる光だが、勝俣はかたくなに拒否。泰造(舘ひろし)を失った責任を感じていたのだった。

一方、百合子(市毛良枝)が体調を崩し、大(永井大)の米国への異動の日も迫ってくる。

そんなある日、光は泰造が生前やっていた、中学校での「ものづくり教室」を頼まれる。

以上が、マチ工場のオンナ あらすじ 4話の紹介でした。

「マチ工場のオンナ」の放送は、NHK総合にて 毎週金曜 22:00~22:50 です。

内山理名さん ファンの方は、お見逃し無く!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント