先に生まれただけの僕 あらすじ 最終回

スポンサードリンク
先に生まれただけの僕 あらすじ 最終回

櫻井翔が4年半ぶりに連続ドラマで主演!

「先に生まれただけの僕」12月16日(土)は最終回の放送となります。

物語は、社会派エンターテインメント!!

最新のあらすじが、公開されました。

先に生まれただけの僕 あらすじ 最終回

加賀谷(高嶋政伸)から、会社に戻るか京明館高校に転籍するか選べと迫られた鳴海(櫻井翔)。

さらに、聡子(多部未華子)からも別れを告げられた鳴海は混乱する。

そんな鳴海を心配するちひろ(蒼井優)。

一方、秘書の友梨子(松本まりか)から鳴海が迫られている選択を聞いた聡子も心配になり、帰り道に会った柏木(風間杜夫)に全てを告げる。

翌日、受験相談の数が伸びず一同が悩む中、一晩考えた柏木は、鳴海に会社に戻った方がいいと話す。

以上が、先に生まれただけの僕 あらすじ 最終回の紹介でした。

先に生まれただけの僕の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

櫻井翔さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント