男の操 あらすじ 6話

スポンサードリンク
男の操 あらすじ 6話

浜野謙太 演じる売れない演歌歌手が紅白目指して奮闘。

プレミアムドラマ 男の操 12月17日(日)は、6話目の放送となります。

劇中歌はつんく♂作曲

最新のあらすじが、公開されました。

男の操 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

万田(川栄李奈)はみさお(浜野謙太)への思いを言葉にして伝えることができずにいた。

郷里の母・トクコ(田中美佐子)からは見合いの話を持ち込まれるも、万田は浮かない返事をするばかり。

そんなある日、今まで母の不在を悲しむそぶりを見せなかったあわれ(粟野咲莉)が、ふとしたきっかけから母の居ない孤独に涙が止まらなくなる。

あわれを慰めるみさおと万田。

そして、万田はついにみさおへ恋の告白をするが・・・。

以上が、男の操 あらすじ 6話の紹介でした。

プレミアムドラマ 男の操の放送は、NHK BSプレミアムにて 毎週日曜 22:00~22:50 です。

浜野謙太さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント