明日の約束 あらすじ 最終回

スポンサードリンク
明日の約束 あらすじ 最終回

井上真央、2年ぶり連続ドラマ主演!!

「明日の約束」12月19日(火)は、最終回の放送となります。

物語は、生きる意味や親子のかたちを探っていくヒューマン・ミステリー

最新のあらすじが、公開されました。

明日の約束 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

吉岡家を訪れた日向(井上真央)は、真紀子(仲間由紀恵)が圭吾(遠藤健慎)の部屋で不穏な動きをしていることに気付く。

圭吾が人生の全てだったと言い、圭吾の自殺は自分のせいなのかと嘆く真紀子。

そんな真紀子に、日向は自分と母・尚子(手塚理美)との関係を明かす。

学校では、教師も生徒もそれぞれ新しい道を歩き出そうとしていた。

そんな中、日向は本庄(工藤阿須加)との会話をきっかけに改めて尚子と向き合うことを考える。

以上が、明日の約束 あらすじ 最終回の紹介でした。

「明日の約束」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

井上真央さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント