監獄のお姫さま あらすじ 最終回

スポンサードリンク
監獄のお姫さま あらすじ 最終回

小泉今日子 主演・宮藤官九郎脚本で描く!!

「監獄のお姫さま」12月19日(火)は、最終回の放送となります。

物語は、おばちゃん犯罪エンターテインメント。

最新のあらすじが、公開されました。

監獄のお姫さま あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

長谷川(塚本高史)らは沖縄で調査を続けていた。

一方、ふたば(満島ひかり)やカヨ(小泉今日子)ら5人は、リン(江井エステファニー)が連れてきた殺人の実行犯・プリンス(ナリット)を詰問するが、彼は「しのぶに頼まれてやった」と繰り返すだけ。

吾郎(伊勢谷友介)は5人がしのぶ(夏帆)にだまされているだけだと言い、証拠がないと主張。

今回の拉致と勇介(前田虎徹)の誘拐に関して、被害届は出さないから解放しろと取引を持ち掛ける。

以上が、監獄のお姫さま あらすじ 最終回の紹介でした。

「監獄のお姫さま」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~22:54 です。

小泉今日子さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント