マチ工場のオンナ あらすじ 5話

スポンサードリンク
マチ工場のオンナ あらすじ 5話

内山理名がNHK初主演!

「マチ工場のオンナ」12月22日(金)は、5話目の放送となります。

物語は、専業主婦が町工場の社長になるサバイバルヒューマンドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

マチ工場のオンナ あらすじ 5話は、下記の内容となります。

光(内山理名)が「ダリア精機」の社長となって3年。

大(永井大)が米国から帰ってきた。

勝俣(竹中直人)、純三(柳沢慎吾)らベテラン職人と若手職人の間にも連帯感が生まれ、会社は順調だ。

光は設備の刷新を決意し、長谷川(村上淳)に4千万円の借り入れを相談するが、拒否される。

その後、経理の打越(忍成修吾)からダリア精機の可能性を知らされた長谷川は、光の相談に乗るようになる。

しかし、それが周囲の誤解を生んで・・・。

以上が、マチ工場のオンナ あらすじ 5話の紹介でした。

「マチ工場のオンナ」の放送は、NHK総合にて 毎週金曜 22:00~22:50 です。

内山理名さん ファンの方は、お見逃し無く!!


スポンサードリンク

この記事へのコメント