この声をきみに あらすじ 7話

この声をきみに あらすじ 7話

竹野内豊が偏屈でさえない大学准教授に。

「この声をきみに」11月3日(金)は、7話目の放送となります。

物語は、朗読教室を舞台に描くヒューマンコメディー!!

最新のあらすじが、公開されました。

この声をきみに あらすじ 7話は、下記の内容となります。

孝(竹野内豊)は京子(麻生久美子)から過去を聞かされ、衝撃を受ける。

そこへ、佐久良(柴田恭兵)から京子を救えるヒーローになれるのは君しかいないと言われ、孝は戸惑いを隠せない。

一方、朗読教室では年に一度の発表会を控え、生徒たちは題材選びで盛り上がっていた。

そんな中、孝は邦夫(杉本哲太)に誘われ、泰代(片桐はいり)らとある会合に潜入する。

それは男性だらけの朗読会で、読まれているものはグルメ本ばかりだった。

以上が、この声をきみに あらすじ 7話の紹介でした。

この声をきみにの放送は、NHK総合にて 毎週金曜 22:00~22:50 です。

竹野内豊さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"この声をきみに あらすじ 7話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: