この声をきみに あらすじ 最終回

この声をきみに あらすじ 最終回

竹野内豊が偏屈でさえない大学准教授に。

「この声をきみに」11月17日(金)は、最終回の放送となります。

物語は、朗読教室を舞台に描くヒューマンコメディー!!

最新のあらすじが、公開されました。

この声をきみに あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

京子(麻生久美子)が朗読教室を辞める決意は固く、孝(竹野内豊)の告白も届かない。

発表会が近づく中、孝たちは京子を引き留める作戦を思い付く。

そんなある日、息子の龍太郎(加賀谷光輝)から手紙が届き、喜ぶ孝。

そして、孝は奈緒(ミムラ)と久々の再会を果たす。

教室では泰代(片桐はいり)が発表会で読む本について悩んでいた。

片思いしているヨガ教室の先生を誘ってしまったのだ。

そんな泰代に、京子はある本を薦める。

以上が、この声をきみに あらすじ 最終回の紹介でした。

この声をきみにの放送は、NHK総合にて 毎週金曜 22:00~22:50 です。

竹野内豊さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"この声をきみに あらすじ 最終回"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: