陸王 あらすじ 7話

陸王 あらすじ 7話

役所広司 主演で池井戸潤の最新作をドラマ化!

日曜劇場 「陸王」 12月3日(日)は、7話目の放送となります。

物語は、老舗足袋業者の企業再生ストーリー!!

最新のあらすじが、公開されました。

陸王 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

小原(ピエール瀧)の妨害工作で、陸王のアッパー素材を提供する織物会社との取引が白紙になった。

陸王を諦めるつもりがないこはぜ屋では、新たな素材を探す役目を大地(山崎賢人)が担当。

宮沢(役所広司)はランナー向けの雑誌に陸王の広告を出そうと考える。

その矢先、ソール素材「シルクレイ」を製造する機械が故障。

機械を一から造るには1億円が必要で宮沢は途方に暮れる。

一方、飯山(寺尾聰)にある企業の人間が接触する。

以上が、陸王 あらすじ 7話の紹介でした。

日曜劇場 「陸王」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

役所広司さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"陸王 あらすじ 7話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: